脱毛やスキンケアの間違った知識ヘッドライン

正しいと思ってやっていた脱毛やお肌のケア、、、でも実はそれが間違っていた!ってことはよくあるものです。 私もそういう勘違いで突っ走っていたことも多々ありますが、最近だと永久脱毛への誤解がやっと解けました汗。

サルフェートフリーシャンプー=低刺激という風潮の間違い

最近のシャンプーはシリコンフリー、ラウレスフリー、パラベンフリー、
高級アルコール系界面活性剤フリーなど、様々な○○フリーが謳われています。

その中のいくつかはその成分がどう悪いのか、という説明や根拠もなく、
なんとなく良くないものが入っていない、質のいいものであると思わせるために使われています。

中でも、『サルフェートフリー』という風潮。
サルフェートとは硫酸塩のことを言います。
硫酸と聞くと危険な薬品というイメージを持つかもしれませんが、硫酸塩と硫酸は全く違うものです。

従って、「サルフェート」が硫酸のように皮膚を溶かしたり刺激になることはありません。
○○サルフェートとつく成分でも、実際にその刺激性を分析するとアミノ酸系界面活性剤よりも低刺激なものがたくさんあります。

人によってはアミノ酸系界面活性剤でかゆみを感じるひともいます。
大事なのは○○フリーに惑わされず、1回分のお試しサイズを購入・使用し、自分にあったシャンプーを選ぶ事です。

      2016/06/10

 - 成分の勘違い